『ブラームス ヴァイオリンソナタ全集』 (PKCP-8005)                   

RKCP8005.jpgRKCP-8005Brahms Violin Sonatas ~Complete~

演奏:アテフ・ハリムAtef HALIM(Violin)
   パスカル・ジロー Pascal GILLOT(Piano)
収録曲:
ブラームス:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第1番“雨の歌”
                  ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第2番
                  ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第3番
                  F.A.E.ソナタよりスケルツォ

「ブラームスが聴いたら、感動の涙を流すのではないか」
                                                                 解説  長谷川武久(音楽評論家)
 ブラームスがペルチャッハやトゥーンで感じた夢を追い、それと共にハリム自身の夢も音に乗せて奏しているのが聴き取れた。そして伸びやかであるがゆえに、せせこましくなく、スケールの大きさが存在するブラームス演奏となっている。ブラームスが目指したであろう2人の一体感は、このディスクの2人の演奏ではよく創り上げている。伸びやかな2人の奏者の応答が聴こえてくる点も、このディスクの美点のひとつと言えよう。人間ブラームス、人間ハリム/ジローが感じられるディスクの誕生を喜びたい。
                                                             (CDライナーノーツより)




●ブラームスの豊かな世界を演奏者が心行くまで味わっている個性的な演奏
          『CDジャーナル』('05-1月号) 今月の注目盤
●"間"を感じさせないほどの強烈なうねりが聴き手を圧倒する超硬派な演奏
          『ステレオ』('05-1月号) 特選盤
●ひとつひとつのフレーズに感情を込めてじっくりと弾いている。
 それによって細かな感情の動きが浮かび上がってくる
          『レコード芸術』('05-1月号)


録音日:2004年8月17,18日
収録:CBLスタジオ[サンタンドレ  デゾー,  フランス]
ディレクター:クロード・ローラン
録音エンジニア:ドミニク・ボルシエ
ピアノ調律:ドミニク・プラット
マスタリング:山形カズヒロ
デザイン:目崎慎二(バースプレイス)
写真:宇田川清史[ハリム]、ウィルフリッド・グィヨー[ジロー]
スーパーバイザー:冨谷正博
プロデューサー:森明美(A&A art)

関連リンク

ブラームス ヴァイオリンソナタ全集 (RKCP-8005) 

2005.12.15発売
価格:¥3000(税込)
発売元:ローヴィングスピリッツ、販売元:バウンディ㈱