『近代作曲家二重奏曲集』 (WWCP-7139)                         

WWCP-7139.jpgWWCP-7139MARTINUE - MILHAUD - SKALKOTTAS

演奏:アテフ・ハリムAtef HALIM(Violin)
   ルシエンヌ・ロヴァノLucienne LOVANO(Viola)

収録曲:
マルティヌーBohuslav MARTINU(1890-1959)
「3つのマドリガル」Duo for violin and viola No.1   "Three Madrigals" 
    Ⅰ Poco Allegro  Ⅱ Poco Andante  Ⅲ Allegro
ミヨーDarius MILHAUD(1892-1974)
「ヴァイオリンとヴィオラの為のソナチネ」Sonatine for violin and viola
    Ⅰ Decide Ⅱ Lent  Ⅲ Vif  (Fugue) 
マルティヌーBohuslav MARTINU(1890-1959)
「ヴァイオリンとヴィオラの為の二重奏曲 第2番」Duo  for violin and viola No.2
    Ⅰ Allegro  Ⅱ Lento  Ⅲ Allegro  (Poco) 
スカルコッタス Nikos SKALKOTTAS(1904-1949)
「ヴァイオリンとヴィオラの為の二重奏曲」Duo for violin and viola
    Ⅰ Allegro  Vivo  Ⅱ Andante  Ⅲ Ben Ritenuto




マルティヌー、ミヨー、スカルコッタス
ヴァイオリニストでもあった3人の近代作曲家が、ヴァイオリンとヴィオラの為に書いた二重奏曲を集めたアルバム。ヴァイオリンは、ハイフェッツやシェリングの教えを直接うけ、若くしてフランス国立管弦楽団のコンサートマスターを務めた後ソリストとして活躍のアテフ・ハリム。かたや、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団の主席ヴィオラ奏者の座を長年務めたルシエンヌ・ロウ゛ァノ。 20余年前ヨーロッパでLPとして発売され有名音楽誌上高い評価を得たヴァイオリンとヴィオラの珠玉の競演が、初のCD化で甦ります!

録音:1984年1月 セント・ピエール教会[パリ, フランス]
録音エンジニア:ミッシェル・ブランヴィラン
デジタルマスタリング
  ディレクター:室伏博行
  エンジニア:中村匠一
  再生システム:ティム・デ・パラヴィチーニ
  協力:江川三郎、(株)フィデリックス、トザワ研究所
デザイン:中澤ゆきら、島崎まい (AZcube)
ペーパークラフト:香川かづあき(ラファエル アートスタジオ)
プロデューサー:森明美(A&A art)

関連リンク

近代作曲家二重奏曲集 (WWCP-7139) 

2006.9.25発売
価格:¥2100(税込)
販売元:ナミレコードCo.,Ltd. レーベル:LIVE NOTES