スクリーンショット(2013-06-20 0.08.36).pngスクリーンショット(2013-06-20 0.11.39).pngスクリーンショット(2013-06-20 0.10.01).png
アテフ・ハリム来日20周年記念コンサート。大好きなホール東京文化会館でのコンサートも今回で14回目を迎えました。
満場のお客様もハリム氏の20年と自分のを重ねあわせて曲を楽しんでいらっしゃるよう。前半はモーツァルトとフランクのソナタ。後半は、「タイスの瞑想曲」「死の舞踏」「ヴォカリーズ」など親しみやすい小品の数々。
精魂込めたダイナミックな演奏に、皆さんもたっぷりエネルギーをもらって帰られたような気がしました。
今後も元気で25周年、30周年を迎え、彼の魂の音楽で、より多くの人々を幸せにしてほしいと思います。
ここ10年毎回録音をしてくださりこの2月に急逝された室伏博行さんも天井から見守ってくれているかのようでもありました。


DSC02879.JPGIMG_2153.JPGIMG_0496.jpg
大震災から一年半。故郷を離れた生活を余儀なくされながらも、現実を受け止め前向きに生きていらっしゃる飯館村の皆様・子供達、福島の皆様に触れられる機会となりました。皆様の笑顔にこちらの方が励まされました。ハリムさんのお話や「雨ニモマケズ」の朗読も交えたコンサート、皆様よくきいて楽しんで下さったようで、嬉しく思いました。
翌日には「いいたて子どもを守る会」の方が、飯舘村から南相馬の海岸まで車で連れていって下さいました。復興は始まったばかりでいろいろな問題や不安も山積しているとはいえ、瓦礫のやまが片付けられてきている海岸沿いを走りながら、未来への希望も感じられました。日本人はすごい!福島の人はすごい! ガンバロウ ニッポン!!


千の音色でつなぐ絆02.jpg千の音色でつなぐ絆04.jpg
東京文化会館でのリサイタル♪ 雨の中たくさんのお客様がお越し下さり、心に残るコンサートになりました!感動的なヴィターリ『シャコンヌ』から始まりベートーベンのソナタを中心に展開♪ プログラムの終わりには東日本大震災で津波に逢った流木から作られたヴァイオリンで、被災された方への祈りを込めた演奏(「タイスの瞑想曲」)もありました。遠い空まで届くようなヴァイオリンの響き。素晴らしいひとときをシェアすることができた皆様ひとりひとりに感謝♪(撮影:飯田照明さん)

2010.01.06 東京文化会館


2. Atef performing.jpg3. audience.jpg
2010年初のコンサートは、上野の東京文化会館小ホールにて1月6日(水)、新年早々たくさんの客様をお迎えして行われました♪生き生きとしたモーツァルトのソナタや誰もが知っている小品曲の数々に、心踊らせたり涙したり。コンサートの収益は、小児がんの子どもの為に寄付されます。

2009.03.26 紀尾井ホール


DSC02067-1.jpgアンコールの時の写真ベートーヴェンの命日にあたる3月26日、そのヴァイオリンソナタ第10番を演奏。ベートーヴェンの後継者ともいわれるブラームスの「雨の歌」。そして、桜の季節にふさわしい日本の曲をお琴と共演。たくさんのアンコールにも応え、大盛況のうち幕を閉じました♪ 

ページの先頭へ

2008.05~11 来日15周年記念コンサートツアー

080601チラシ-1.jpg2008.6.1東京文化会館チラシ

2008年はアテフ・ハリムが日本での活動をはじめて丸15年の年でした。それを記念して、香川、岡山、東京、埼玉、浜松、名古屋、京都、佐賀、三島など全国各地でコンサートを行いました。ご来場ありがとうございました!     

ページの先頭へ

2008.10.24 ミャンマーサイクロン被害支援チャリティーコンサート

081024茅ヶ崎チラシ.jpgコンサートチラシ

茅ヶ崎在住の廣池ご夫妻が毎年ミャンマー試演を続けていらっしゃることに感銘を受け、チャリティーコンサートを企画。当日は、雨の中、多くのお客様が参加してくださいました。夫妻は12月に義援金を持って現地を訪問されました。皆様のご協力、心より感謝申し上げます!

LinkIcon

ページの先頭へ