アテフ・ハリム

(ヴァイオリニスト)

IMG_7115-1.jpgphoto by Bernard Morales
エジプト人の父とフランス人の母の間にカイロで生まれ、5才でヴァイオリンを始める。9才で旧カイロオペラハウス(1869年に建てられ、翌々年ヴェルディのアイーダが初演された劇場)の舞台に出演し、以後プロとしてのキャリアを始める。13才で単身パリに渡りルネ・ベネデティに師事。その後、レオニード・コーガン、ヤシャ・ハイフェッツ、ユーディ・メニューインなど20世紀の巨匠達に師事する。
パリ国立高等音楽院卒業後、フランス国立管弦楽団入団。その後、若くしてコンサートマスターをも務めるが、ヘンリク・シェリングと劇的な出会いから職を辞し、彼の元で4年間内弟子として研鑽を積みソロデビュー。バロックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーを持ち、ヨーロッパ各地の音楽祭や、TV・ラジオ出演も多数。クルト・マズア、ロリン・マゼール、カール・ベーム、レナード・バーンスタイン等有名指揮者の元での演奏、多くの優れた演奏家達と共演。レコード製作では、ル・モンド誌、ディアパゾン誌上で最優秀賞『四つ星』を受賞、<最も知的で輝かしい音楽家>と賞賛された。
1993年日本での演奏活動開始。全国でのリサイタルの他、様々な優れたアーティストと共演、モスクワ放送管弦楽団、カイロ・シンフォニー、神奈川フィル等、国内外のオーケストラとの共演も多数。テーマ別コンサート “エンジョイ!ベートーヴェン”(vnソナタ全10曲連続演奏)シリーズ[全国数カ所]、“来日10周年記念コンサート”(2003年)、“ブラームスはお好き?”全国ツアー[オール ブラームス プログラム](2004年)、“ゴールデンバロック”(2005年)、“モーツァルトvsプロコフィエフ”(2006年)、“フランスの香り”(2007年、2010年)、“ドイツ3大Bの調べ”(2007年、2010年)をはじめ、タンゴとの競演、カンボジアやミャンマー支援・がんの子供達の為のチャリティーコンサート、廃校になった小学校体育館でのコンサート(NHK全国放送される)、「赤ちゃんと寄り添って聴くコンサート」など意欲的な活動を展開。
日本でのCDも、その張りのある表情豊かな歌いぶりは「徹底的に独自のスタイルを磨き上げ、誰も真似のできない世界を作り上げた」と高く評価される。 
フランス・イギリス・エジプト・台湾等、日本を拠点に各国で活躍している。
「音楽こそ、すべての人が分かりあえる唯一の言葉、そして平和につながる確かな希望」という信念のもと、情熱的な心で、音楽の「希望」を伝え続けている。

LinkIconフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Atef Halim (violinist)

IMG_7096-1.jpgphoto / Bernard Morales
Atef Halim was born in Cairo on October 6th, 1950.
His father discovered his passion for music when Atef was only 2 years old.
At 5, he began to study the violin with the Italian professor Minato. At 13, he was sent to France to study with the renowned professor Renée Benedetti, who helped him shape his musical personality and develop his technique.
During his formative years, he received the encouragements of eminent violinists such as Leonid Kogan and Yehudi Menuhin.
But the most important development in his career was studying for four years with the violin virtuoso Henrick Szeryng, who became a role model for him as an outstanding pedagogue and musician.
Atef Halim then started performing throughout Europe with many great artists and prestigious orchestras. He worked tirelessly to develop a large chamber music repertory - quartet, trio, duo, sonata for piano and violin – following his master Jascha Heifetz’s motto that “the most important for the development of an artist is the chamber music”.
In his thirties, Atef Halim concentrated his attention on contemporary music creation, in order to enlarge his repertoire.
Since his started violin 5 decades ago, Atef Halim has built an impressive musical career, playing soloist under the baton of renowned conductors, participating in numerous international music festivals and performing throughout the world.
Atef Halim has also made numerous recordings, for radio and TV stations, as well as many records and CDs, to the praise of musical critics in prestigious magazines and newspapers such as “Le Monde” and “Diapasons”.
A new milestone in Atef Halim’s personal life and career was his relocation to Japan, where he has been living since 1993.
He has since been giving recitals and concerts throughout Japan, as well as charity concerts for causes dear to him such as cancer-stricken children and aged people.

生年月日
1950.10.06天秤座
国籍
フランス
出身地
エジプト(カイロ市)
血液型
A型
好きな食べ物
ワイン、チーズ
寿司、刺身、松茸御飯、納豆、ゆべし、大福・・・・
好きな色
愛読書
スタンダール『赤と黒』  他

もちろんフランス語で読みます

健康法
温泉、銭湯、散歩
気分転換
散歩 葉巻